2010年7月16日金曜日

エネファームとは

エネファームは、水素と酸素の化学反応で発電する家庭用燃料電池を使ったコージェネレーションシステムで、2009年5月に一般化が始まったばかりの最新設備です。
特徴としては、発電時の排熱も給湯や暖房として利用するため、総合的なエネルギー効率が高いことや、エンジンやタービンが不要なため、騒音や振動がほとんど発生しないことが挙げられます。また、学習機能による自動運転を行うことで、エネルギーロスを最小限にとどめることができます。さらに、バックアップ熱源機をを持ち、湯切れの心配がない点も魅力のひとつです。